株式会社フジライフ
お電話でのご連絡
ホーム フジライフのこだわり 製品紹介 会社案内 お問い合わせ

製品紹介

羽毛布団とは


中綿に鵞鳥(グース)や鴨(ダック)などの水鳥から採集する羽毛(ダウン)を入れた布団です。鳥の羽毛には、大きくわけてダウンとフェザーがあります。一般的には、ダウンが含まれる比率が高いものほど軽くて心地よいので、高級だと考えられています。ちなみに、フェザーが50%以上のものは羽根布団といい、羽毛布団とは区別されていますのでご注意ください。

photo


羽毛布団の特長


・暖かくて、軽い
原料の水鳥は、主に寒冷地で棲息し、厳しい環境を生き抜く機能があり、保温性や吸湿・発散に優れている為、軽い上に肌触りも最高です。又、ダウンは空気中に浮く軽さで空気を多く含み、他のふとんに比べかさが高く、とても暖かです。

・さわやかで快適
羽毛は吸湿性、放湿性に富み寝ている時の汗を吸収し発散を繰り返しています。他のふとんに比べ蒸れ難くさわやかな睡眠環境を作ります。

・身体のラインにぴったりフィット
羽毛のダウンは一つ一つが独立しているので、絡んだり重なり合ったりすることがほとんどありません。このため、羽毛布団は身体のラインにぴったりフィットして、すきま風が入りにくいため、寒い夜、目覚めることなく、良い寝心地が得られます。

・羽毛は天然のわたです
羽毛ふとんは丁寧に使用すれば耐久性が長く、古くなればリサイクル可能です。普段から風通しをよくカバーをかけ日干しすることで臭いを防止することが出来ます。

・たためばコンパクト
広げているときの羽毛布団はふっくらとボリュームがありますが、ほとんどが空気ですから、たためばかなり小さくなります。
ほかのどの素材よりも圧縮率が高いため、小さなスペースにも収納できます。


羽毛布団の素材について


photo

・ダックとグースについて
羽毛布団には、グース(ガチョウ)やダック(アヒル)の胸から腹部までの羽毛が使われています。
グースはダックより身体が大きいので、羽毛一つひとつであるダウンボールも大きくなります。
ダウンボールが大きいほど空気を抱え込む量も多くなるので、軽くて保温性に優れた羽毛布団に仕上がります。
また、ダックの多くは食用として飼育されるので、若いうちに加工されてしまいます。
そのため、副産物として採られるダウンも小さいものがほとんどです。これに対し、グースは、ダウンを採るために長い期間をかけて育てられるので、大きくて良質なダウンが採取できます。


羽毛布団の選び方


厳しい品質管理と検査に合格した羽毛布団には、全日本寝具寝装品協会の“ふとん品質表示管理規定”に基づき、名称、素材、取り扱い方法など統一表示基準に適合したものに発行される「GFマーク」や、日本羽毛寝具製造業協同組合が発行するゴールドラベル(ロイヤルゴールド、エクセルゴールド、ニューゴールド)が付いています。

photo


製品紹介


photo
羽毛掛け布団シングルサイズ
羽毛掛シングルサイズ

サイズ 150x210cm サイズ 150x210cm
素材 綿100% 素材 綿100% 超長綿60
サテン新疆綿使用
詰め物 カナダ産ホワイトダックダウン90%1.3kg 詰め物 ハンガリアンホワイトグースダウン93%

2枚合わせ羽毛掛&ウールマーク付き羊毛敷き7点セット


ホック付き羽毛合掛ふとん

サイズ 150x210cm
素材 表地:綿100%SEK加工
裏地:綿100%230本ブロード使用
詰め物 ホワイトダックダウンNET85%0.9kg

ホック付き羽毛肌掛ふとん

サイズ 150x210cm
素材 表地:綿100%SEK加工
裏地:綿100%230本ブロード使用
詰め物 ホワイトダックダウンNET85%0.3kg

ウールマーク付き羊毛敷きふとん

サイズ 150x210cm
素材 綿100%SEK加工
詰め物 ウール100%3.5kg
photo


羊毛布団とは


羊毛は他の繊維に比べ、保温性や吸湿発散性が高いので暖かく、弾力性にも優れています。
当社が使用している羊毛は、熟練の技術を持つ専門家が、生きている健康な羊から刈り取ったものです。
このため、肌になじみやすいのはもちろん、汗や水分をしっかり吸収し外へ出してくれる事や、羊の免疫機能により抗菌消臭効果もあり快適に過ごせます。


羊毛布団の特長


・優れた吸湿発散性
羊毛布団は吸湿発散性に優れています。
湿気吸収力は綿の2倍・ポリエステルの40倍ともいわれており、吸収した汗や湿気などは、自然と外へ発散させるので、布団の中にこもることがありません。
また、自ら熱(吸着熱)を発生し、寝ている時、汗冷えしにくい健康的な布団です。

・冬は暖かく、夏は涼しい
羊毛は熱を伝えにくい繊維です。
その独特の縮れのおかげで、全容積の60%もの空気を含むことができます。
このため、断熱材の役割を果たし、冬は布団の暖かさを逃がさず、夏は暑い外気を遮ります。

・ウールは燃えにくい安全繊維
ウールは難燃繊維です。
火源を取り除くと自然に消火し、合繊のように溶解することなく火傷や延焼の危険もなく、有毒ガスの発生もない安心の天然素材です。

・ウールはお部屋の空気洗浄器です
新建材や家具から発散されるホルムアルデヒドなど化学物質を吸着し無害なものにする性質があります。
部屋にウールのふとんやウールのカーペット、ウールのカーペットを置く事は天然の空気清浄器を備えることと同じになります。


羊毛布団の素材について


photo

・羊毛の種類
羊の種類は3,000種にもおよびますが、一般的な羊毛布団には、繊維が太く、縮れの多い羊毛が使われています。
繊維の細さ・白さ、捲縮の多さ、そして毛足の長さと丈夫さが、人気の理由です。


製品紹介


photo
マチ付羊毛混敷ふとん
【備長炭シート入り】
シングルサイズ
軽量フラン
【軽量タイプ羊毛敷布団】

サイズ 100x210cm サイズ 100x210cm
素材 綿100% 素材 綿100%
詰め物 巻わた・毛50%ポリエステル50%(3.0kg)
備長炭パワーシート入り芯(固わた)
ポリエステル100%(2.5kg)総重量5.5kg
詰め物 中綿:羊毛100%2.5kg


綿布団とは


一般的には、木綿わたを詰めている布団を綿布団といいます。江戸時代後期から使用されはじめた、日本で最もポピュラーな布団です。
綿布団は敷き布団に適しているので、現在では、掛け布団には羽毛布団や合繊布団を使われる方が増えています。


綿布団の特長


・吸湿性のよさ
綿布団は吸湿性がよいので、睡眠中の汗や室内の湿気など、水分をしっかり吸収してくれます。

・保湿性の良さ
繊維と繊維の間に多くの空気を含むことができるので、外気を防げ、暖かさを保てます。

・復元力のよさ
木綿わたはあらゆる繊維の中で最も優れた回復力をもっている繊維です。
毎日、日干しするなど、まめな手入れをすることで いつまでも心地よくご使用いただけます。

・打ち直しが可能
干しても布団が膨らまなくなったり、側生地が痛んできたら、打ち直しをおすすめします。
現在の布団を再利用し、作り替えることができるので、愛着のある布団を長くご利用いただけます。ゴミを出さないので、資源のリサイクルにもなります。


綿の種類


photo

綿布団は、大きく2種類にわけられます。
上質の綿花などを100%使用した布団と、綿花にポリエステルを混ぜて作られた布団です。
綿花の割合が多いほど使い心地がよいので、予算に余裕がある方やこまめに天日干しができる方は、綿花100%のものをおすすめします。寝心地のよさも格別です。
なかなか天日干しができない方や布団が重くて持ち上げられない方には、取り扱いが簡単なのでポリエステルが混ざっている方をおすすめします。
ただし、ポリエステルや落綿を多く含む商品は、弾力性や吸湿性が劣る点にご注意ください。


製品紹介


photo

サイズ 150x210cm サイズ 140×190cm
素材 綿100% 素材 綿100% 高島ちぢみ
詰め物 中綿:綿70%
ポリエステル30%2kg
詰め物 中綿:麻90%
ポリエステル10%0.5kg


どうぞお気軽にお問い合わせください
株式会社フジライフ

〒135-0016
東京都江東区東陽3-26-2

TEL:03-3645-6136
FAX:03-3645-6139
Copyright All Rights Resaerved.